運命を変えてしまう出会いがある―必泣の感動作

坂道のアポロン

知念侑李 中川大志 小松奈々 真野恵里菜/山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹 中村梅雀 ディーン・フジオカ
  • CREDIT
  • NEWS
  • TRAILER
  • THEATER
  • MEDIA
3.10 2018

INTRODUCTION

  • 一生ものの友情と恋に出会ってもがきながら幸せを掴もうとする彼らの友情と恋に加え、音楽がまぶしく交錯する10年を描いた、2018年春必見の愛の物語が誕生しました。

    第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位に輝いた、「月刊flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック「坂道のアポロン」が満を持して映画化となります。

    舞台は長崎県・佐世保。高校生の西見薫(にしみかおる)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。孤独を感じる薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(かわぶちせんたろう)、心優しいクラスメイト・迎律子(むかえりつこ)と出会う。初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

  • 主演・薫を演じるのは、映画単独初主演となる知念侑李。薫と魂の片割れのような親友となる千太郎役に中川大志。知念、中川は本作の出演にあたり、約10か月におよぶ楽器の猛特訓を重ね、その努力の結果として奇跡に近いセッションシーンを魅せます。薫に想われる、千太郎の幼馴染・律子役に小松菜奈。温かくも透明感のある存在感で、二人を見守ります。
    共演には、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀、山下容莉枝、ジャニーズJr./SixTONESの松村北斗、野間口徹ら、豪華実力派キャストが脇をしっかりと固めます。
    メガホンをとったのは、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』 『ぼくは明日、昨日の君とデートする』)。オール九州ロケを敢行、雄大な自然を背景に描かれる温かくも切ない青春模様とセッションシーンの躍動感を化学反応させ、唯一無二の感動作を作り上げました。

    この友情に、恋に、音楽に、あなたは必ず涙する――。

STORY

医師として病院に勤める西見薫。
忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。
笑顔で写る三人の高校生。
二度と戻らない、“特別なあの頃”……。

10年前、父を亡くし親戚に預けられた薫は、家の中で居場所を見つけられないでいた。唯一、ピアノを弾いているときだけが孤独を忘れられる時間だった。

そんな薫が転校先の高校で出会ったのは、誰もが恐れる不良・千太郎と、その幼馴染の律子。律子に導かれ訪れた地下室で、荒々しく、けれども自由で楽しそうにドラムを叩く千太郎とジャズに、薫は心を奪われる。

その日を境に、憂鬱だった毎日は楽しいものへと変わり、ピアノとドラムでセッションし、三人で過ごす楽しい毎日が始まる。やがて薫は律子に恋心を抱くようになる。だが、律子の想い人は千太郎だと気づいてしまう。

律子の想いに全く気づかない千太郎。だが、薫が羨む千太郎にも誰にも言えない孤独があった。千太郎は薫に、自分は教会に捨てられた孤児であり、今の家族が里親であることを告白する。お互いの心の欠けたピースを埋め合うように、二人は絆を一生ものの友情へと変えていく。

しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまう。
そして、10年が経ち――。

CAST PROFILE

1993年11月30日生まれ。静岡県出身。Hey! Say! JUMPのメンバーとして、音楽・テレビ・舞台・映画・CM と多方面に活躍。『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』(04/鈴木雅之監督)で映画初出演。同年、テレビドラマ初主演となった「七子と七生 ~姉と弟になれる日~」(04/NHK)が平成16年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞する。その後も「先生はエライっ!」(08/NTV)、「スクラップ・ティーチャー ~教師再生~」(08/NTV)、「スプラウト」(12/NTV)、「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」(13/CX)、「必殺仕事人」シリーズ(14・15/EX)、「地獄先生ぬ~べ~」(14/NTV)などのドラマ作品に出演。映画では、『スマーフ』(声の出演・11/ラジャ・ゴズネル監督)、『超高速!参勤交代』(14/本木克英監督)、『超高速!参勤交代リターンズ』(16/本木克英監督)、『金メダル男』(16/内村光良監督)、『忍びの国』(17/中村義洋監督)などがある。最新作は『未成年だけどコドモじゃない』(17/英勉監督)。

1998年6月14日生まれ。東京都出身。2009年に俳優デビュー。主な出演作は、テレビドラマでは、「わたしが子供だったころ」(09/NHK)、「家政婦のミタ」(11/NHK)、「13歳のハローワーク」(12/EX)、「GTO」(12年/関西テレビ)、「夜行観覧車」(13/TBS)、「水球ヤンキース」(14/CX)、「地獄先生ぬ~べ~」(14/NTV)、主演を果たした「監獄学園-プリズンスクール-」(15/MBS)、「南くんの恋人~my little lover」(15・16/CX)などがある。映画では、『半次郎』(10/五十嵐匠監督)、『青鬼 VER2.0』(15/前川英章監督)、『通学シリーズ/通学電車・通学途中』(15/川野浩司監督)、『全員、片思い/MY NICKNAME is BUTATCHI 』(16/飯塚健監督)、『四月は君の嘘』(16/新城毅彦監督)、『きょうのキラ君』(17/川村泰祐監督)、『ReLIFE』(17/古澤健監督)などがある。2018年夏には『虹色デイズ』(飯塚健監督)の公開も控えている。

1996年2月16日生まれ。東京都出身。2008年、モデルデビュー。雑誌、PV、CMなどに数多く出演する。映画『渇き。』(14/中島哲也監督)で鮮烈な映画デビューを果たし、数々の新人賞を受賞。以降の主な出演作品は、『近キョリ恋愛』(14/熊澤尚人監督)、『予告犯』(15/中村義洋監督)、『バクマン。』(15/大根仁監督)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16/月川翔監督)、『ヒーローマニア ‒生活‒』(16/豊島圭介監督)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16/真利子哲也監督)、『溺れるナイフ』(16/山戸結希監督)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16/三木孝浩監督)などの話題作に出演する。また、2017年にはマーティン・スコセッシ監督作品『沈黙 -サイレンス-』でハリウッド映画デビュー。8月には『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(三池崇史監督)に出演するなど話題作への出演が絶えない。2018年5月には大泉洋とW主演を務めた『恋は雨上がりのように』(永井聡監督)の公開も控えている。

1980年8月19日生まれ。福島県出身。香港でモデルとして活動を始め、『八月の物語』(05/ヤンヤン・マク監督)の主演で俳優デビュー。その後、台湾で数々のテレビドラマ、映画、CMに出演。北米のTVシリーズにも出演するなど、アジア以外でも活躍。日本では、NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15~16)で広く知られる。2016年にアルバム「Cycle」をリリース、2017年には主演映画『結婚』(西谷真一監督)やドラマ「今からあなたを脅迫します」(17/NTV)の主題歌を書き下ろし、音楽活動も積極的に行う。2018年2月には初の全国ツアーを実施。主演映画『海を駆ける』(深田晃司監督)、『空飛ぶタイヤ』(本木克英監督)の公開も控えている。

1955年12月12日生まれ。東京都出身。歌舞伎の家系に生まれ、1965年に10歳で初舞台を踏み、その後、前進座での舞台を経て、テレビドラマを中心に活躍。主な出演作に、NHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」(95)、「毛利元就」(97)、「葵 徳川三代」(00)、『釣りバカ日誌シリーズ』(98~09/朝原雄三監督)、『たそがれ清兵衛』(02/山田洋二監督)、『おかえり、はやぶさ』(12/本木克英監督)、「ごめん、愛してる」(17/TBS)などがある。

1991年4月11日生まれ。神奈川県出身。2008年にハロー!プロジェクトよりソロ歌手としてデビュー。卒業後、女優に転身。主な出演作は、テレビドラマでは、「みんな!エスパーだよ!」(13/TX)、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、「逃げるは恥だが役に立つ」(16/TBS)などがある。映画では、『新宿スワン』(15/園子温監督)、『リアル鬼ごっこ』(15/園子温監督)、『orange-オレンジ-』(15/橋本光二監督)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16/山口雅俊監督)、『君と100回目の恋』(17/月川翔監督)、『覆面系ノイズ』(17/三木康一郎監督)などがある。2018年には『不能犯』(白石晃士監督)の公開も控えている。

  • 1964年9月29日生まれ。神奈川県出身。文学座第23期生を卒業後、夢の遊眠社へ入団。1992年の劇団解散後、テレビドラマを中心に活躍。主な出演作に、『12人の優しい日本人』(91/三谷幸喜監督)、「高校教師」(93/TBS)、「渡る世間は鬼ばかり」(02-03/TBS)、「トットちゃん!」(07/EX)、『嫌われ松子の一生』(06/中島哲也監督)、『残穢-住んではいけない部屋-』(16/中村義洋監督)、舞台「モンスター」(17)などがある。

  • 1995年6月18日生まれ。静岡県出身。ジャニーズJr.内ユニットSixTONESのメンバー。2012年にテレビドラマ「私立バカレア高校」で俳優デビュー。続けて『劇場版私立バカレア高校』(12/窪田崇監督)にも出演。その他の出演作に「SHARK」シリーズ(14/NTV)、「仮面ティーチャー」(14/NTV)、『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』(16/根本和政監督)などがある。

  • 1973年10月11日生まれ。福岡県出身。舞台を中心に活動後、2007年にテレビドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」(CX)で注目を集め、以降、ドラマ、映画、舞台と数多くの作品に出演。その他の出演作に『シン・ゴジラ』(16/庵野秀明監督)、『海賊とよばれた男』(16/山崎貴監督)、『キセキ-あの日のソビト-』(17/兼重淳監督)などがある。

STAFF PROFILE

1974年生まれ。徳島県出身。これまでに、いきものがかり、FUNKY MONKEY BABYS、YUI、ORANGE RANGE等、数多くのPVやライブ映像、TVCM、ショートムービーなどを手掛け、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005 最優秀ビデオ賞、カンヌ国際広告祭 2009 メディア部門金賞などを受賞。2010年に『ソラニン』で長編映画監督デビュー。以降、『僕等がいた』(前篇・後篇/12)、『陽だまりの彼女』(13)、『ホットロード』(14)、『アオハライド』(14)、『くちびるに歌を』(15)、『青空エール』(16)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16)、『先生!、、、好きになってもいいですか?』などがある。

ORIGINAL COMIC

原作:「坂道のアポロン」とは

「月刊flowers」(小学館)にて、2007年11月号から2012年3月号まで長期連載。小学館フラワーコミックス α全 9巻+BONUS TRACK1巻。「このマンガがすごい!2009オンナ編」で第1位を獲得、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞するなど高い評価を得た。2012年4月にはフジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて、「カウボーイビバップ」「サムライチャンプルー」などを代表作に持つ渡辺信一郎によってTVアニメ化され好評を得た。

9月26日長崎県生まれ。2000年にCUTiE comic(宝島社)にて「柘榴」でデビュー。2007年~2012年に「坂道のアポロン」を月刊flowers(小学館)にて連載し、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。2013年~2017年には同誌にて「月影ベイベ」を連載した。

実写化のお話を頂いたときは、いいものができるといいな、とは思いつつ、60年代という舞台、方言、そして何よりジャズの演奏シーンという障壁をどうやって乗り越えるのか、想像がつきませんでした。
しかし初号試写で目に飛び込んできたのは、まさにこれが私が描きたかった世界だ、と思えるような映像でした。アポロンのキャラクターたちがあの時代、あの場所で生きていました。
そして肝心の演奏シーンは……予想をはるかに超えた素晴らしいシーンに仕上がっていました。実写の演奏の迫力に鳥肌が立ち、涙があふれました。
役者さんやスタッフの皆さんの技術と努力、そして愛情が詰め込まれた、奇跡のような映画だと思っています。関わってくださった全ての人に感謝します。

PRODUCTION NOTES

THEME SONG