原作と同じ長崎県佐世保で
クランクイン!

映画『坂道のアポロン』は、原作の舞台である長崎県佐世保市を中心に行われた。漫画原作の場合、原作のキャラクターに生身の人間がどこまで近づけるか、どこまでハマるかが重要になってくるが、知念侑李も中川大志も西見薫と川渕千太郎そのもの。2017年4月28日、記念すべきクランクインの場所は神社・亀山八幡の一画だった。そこに現れたメガネ&学ラン姿の知念、茶髪に赤白ボーダーシャツの中川、二人とも良く似合っている。共演はドラマ「地獄先生ぬ〜べ〜」に続いて2度目となり、人見知りの知念にとっては中川の存在は心強かったようで「大志のおかげでスタッフさんや共演者の方々とコミュニケーションが取れるようになっていった」。主演の知念をしっかりサポートする中川が「普段から薫と千太郎のいい距離感あった」と言うように、撮影初日にも息の合った二人の演技を見ることができた。それは、想いを寄せていた百合香と兄のように慕っていた淳兄の関係を知った千太郎が、行き場のないの苛立ちを不良生徒とのケンカで晴らそうとするシーンだ。中川のアクションはアクションコーディネーターが「のみ込みが早い、動きもいい!」と絶賛するほどリアリティがあり、「千! やめろ!」とタックルをして止めに入る知念との息もぴったりだった。友情を深めつつあった薫と千太郎の間に溝ができてしまうシーンでもあり、三木監督から知念には、セリフに「諭すような優しさを入れるように」というアドバイス。感情をぶつけ合うシーンを初日に撮影することは、知念と中川の演技を深めるための三木監督の狙い。澄み渡る青空の下で『坂道のアポロン』の撮影は好調なスタートを切った。